原油備蓄開放なんで?投資家が備蓄開放効果を疑問視する中、原油価格は堅調に推移

石油貯蔵タンク日本で岸田首相が原油備蓄開放にふれ、反感が高まっていますが、アメリカでは投資家が米国主導の戦略的備蓄からの原油放出の有効性を疑問視し、生産者がどのように対応するかに焦点を当てたため、水曜日の原油価格は堅調に推移した。

ブレント原油先物は、火曜日に3.3%上昇した後、GMT1000時には27セント(0.3%)減の1バレル82.04ドルとなった。米国のウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)原油先物は、前日の2.3%の上昇の後、23セント(0.2%)下落し、78.27ドルとなりました。

米国は、中国、インド、韓国、日本、英国と協力して、戦略的備蓄から数百万バレルの原油を放出すると発表し、OPEC+が増産を求める声を無視した後の価格の冷え込みを試みました。日本は国家備蓄から「数十万キロリットル」の石油を放出するが、時期は未定であると、萩生田光一経済産業大臣が水曜日に述べた。

アナリストによると、長年にわたる投資の減少とCOVID-19パンデミックからの世界的な回復の後では、価格への影響は長続きしないだろうという。ゴールドマン・サックス証券のアナリストは、この調整的な放出は、約7,000万から8,000万バレルの原油供給を追加する可能性があり、市場が想定している1億バレル以上の供給量よりも少ないと述べています。

ゴールドマン・サックス証券のアナリストは、「我々の価格モデルでは、このような放出は1バレルあたり2ドル以下の価値しかなく、10月下旬以降に発生した1バレルあたり8ドルの売りに比べて大幅に少ない」とし、「A drop in the ocean」と題したメモを発表しました。

現在、注目されているのは、石油輸出国機構(OPEC)とロシアおよびその同盟国を合わせて「OPEC+」と呼ばれている国々が、12月2日に開催される政策協議の場で、共同で発表された原油備蓄の開放をどのように受け止めるかということです。

一方、米国の原油およびガソリンの在庫は先週増加しましたが、それ以外の精製出油の在庫は減少しました。11月19日に終了した週の原油在庫は230万バレル増加したが、アナリストの予想では約50万バレルの減少であった。

備蓄開放っていっても、一時的なものだろうし、万が一石油危機になった時のためのものでしょうから、早くOPEC+の産出量制限の嫌がらせが終わることを祈っています。

広告