トップガン・マーヴェリックは観客を危険地帯へ。トム・クルーズはやっぱり危険

F14、懐かしいですね。カンヌ映画祭の前に先行上映されたトップガン・のレビューを紹介します。

映画スタジオのパラマウントは、木曜日にラスベガスで開催された映画ビジネスイベントCinemaConで、プレスや業界関係者向けにこの映画を上映しました。この映画はカンヌ映画祭で上映された後、5月27日のメモリアルデーの週末に公開される予定ですが、日本でも同時公開のようです。

はは、アメリカ海軍の戦闘機パイロットPete “Maverick" Mitchell役に復帰し、元副操縦士で親友のGoose(1作目で亡くなってます)の息子を訓練する役ですが、父親を死に追いやった憎しみの対象として見られてしまいます。息子役にはマイルズ・テラー。

さらに、Jennifer Connolly、Jon Hamm、Ed Harris、Val Kilmerも出演しており、彼は1986年のオリジナル映画で演じたアイスマン役で今もなおな存在である。

華麗な空中戦と感動的なストーリーについて、批評家のコメントを紹介します。

訳:一言で言えば、「すごい!」トップガン・マーヴェリックは間違いなく全てにおいて素晴らしい。そのアクションや飛行はイカれているくらいすごく、常に変化して発展している。ハラハラドキドキで、私はここまで感情的な作品になるとは思ってませんでした。はなんども歓声をあげていた。これは本物だ。

トップガン・マーヴェリックは大画面の映画館で上映される大ヒット映画に必要なものをすべて備えています。飛行シーンもよく撮れています。大画面の迫力とサウンド。キャスティングも役柄にあっていて完璧。これは今年の映画の目玉のひとつになるだろう。

トップガン・マーヴェリックは完璧なヒット作品です。素晴らしい空中戦の連続を特徴とするだけではなく、私は実際に泣いた。感情的に。クレイジーと呼んでください。しかし控えめに予測しても、これは来年の作品賞になるでしょう。いい、ではなく、とてもいい。

※私見※

5月27日、待ち遠しいですね^^

広告