Twitterのポイズンピルに対抗、イーロン・マスクの次の手と今後の展開の可能性

2022年4月17日 (日) 23:53

ツイッターのポイズンピルツイッターのユーザーはもちろん、投資家と株主は当然目が離せないとツイッターの買収対決劇の進み具合ですが、金曜日にはイーロン・マスクの買収案に対して、新規の株式を発行して敵対的買収を防止するポインズンを導入する、と発表しました。さて、イーロン・マスクはどうするのでしょうか?そのを探ってみました。もっと株を買うのか?諦めて売るか?それとも荒らす?

イーロン・マスク対Twitterのの動きは、この週末シリコンバレーとウォール街で、最もつながりのある人々の口から出てくる質問である。あるTwitterの元高官は「これは信じられないほど破壊的になり、長引く気がする」と傍観者として楽しげに語ります。上記の3つのうちのどれか、もしくはそのミックス、またはまったくの別物。

マスク氏はTwitterに1株54.20ドル(約430億円)を提示したが、ピルは、取締役会がこの提示額では十分でないと考えていることを示している。これは、マスク氏がTwitterの株式を公開した時点と比べると約38%のプレミアムですが、昨年7月時点のTwitter株の市場価値と比べると4分の1近くも低くなっています。

アナリスト、Twitter関係者、過去にTwitterで働いていた人たちとの会話に基づき、今後起こりうるシナリオを推測してみました。かつて自分の会社を私物化しようと冗談を言い、入札をジョークだと言ってのけた男であるマスクが、すべての中心にいる以上、確信を持つのは難しい。

マスク氏は、Twitterの株を倍増して購入した

木曜日のTEDカンファレンスで、マスク氏は「プランB」があると主張した。1株54.20ドルの提示は「最後にして最後の」申し出であるとも主張したが、世界一の富豪であるマスク氏が押しとどめる余裕があることは確かだろう。そのためにはテスラ株を売却するか、融資を受ける必要があるが、彼はモルガン・スタンレーに助言を求めたという。

彼の提案はTwitterで多くの支持を得ています。Twitterに住み、そこで8100万人のフォロワーの注目を浴びるのが好きな彼にとって、これは重要なことです。そして、Twitterの株をフォローしているウォール街のアナリストのかなりの部分が、この価格は妥当だと考えている。

「しかし、我々は、このオファーを受けて逃げることを両者に促したい」と、デジタルメディア分野の鋭い観察者の一人であるアナリストのMichael Nathansonは言う。

マスク氏は諦める

結局のところ、彼は自分の意図の「最後にして最後の」性質について真剣であった。これはすべて、高価なデジタル・パフォーマンス・アート/トロールの一種だったのだ。

彼は楽しんだ。株価は上昇し、もし彼がゆっくりと慎重に売り払えば、おそらく5億ドル以上の利益をにして立ち去るだろう。悪くない。

マスク氏は、誰かと組む

マスク氏は、他の金持ちやその何人かと組むこともできるだろう。あるいは、プライベート・エクイティ企業のような機関投資家の買い手と組むこともできる。資金負担を分担すれば、彼が売却しなければならないテスラ株の量や、必要な融資の額も少なくなる。

また、Twitterの初期投資家であるフレッド・ウィルソン氏が木曜日に公に発言した、マスク氏の入札に関する一つの批判の筋に答えるのにも役立つだろう。「ツイッターは一人の人間に所有されるべきではない」と彼はツイートし、今日最も活気のある対話の場の一つとして機能しているプラットフォームが、一つの力によってコントロールされるようなことがあってはならないと主張した。

マスク氏の競合が出現もツイッターはまだ身売りをしない

マスク氏の入札が、当面のTwitterに対する最後の敵対的提案ではない可能性があります。ニューヨーク・ポスト紙によると、億万長者のオーランド・ブラボーのPEショップ、トーマ・ブラボーは積極的にオファーを検討しているという。

ツイッターは過去にもターゲットにされており、最近では2019年に株式を取得したアクティビスト投資会社、エリオット・マネジメントにターゲットにされている。同社には身売りを検討した長い拷問のような歴史があり、文化的な関連性が財務実績を上回ったという継続的な結果がある。

ツイッターはホワイトナイトを見つける

ポイズンピルは、攻撃的な投資家に対する一つの一般的な防衛策です。しかし、もう一つの方法があります。包囲された会社は、経営陣と会社の現在の軌道をそのまま維持してくれる、より好みの買収者を見つけます。これは、Musk氏がTwitter社に関与し続け、圧力をかけ続ける場合に起こり得ることです。マスク氏が諦め、別の即興の買い手がすぐに馬として現れれば、そうなる可能性があります。

ホワイトナイト、2005年にフジサンケイグループとライブドアの買収騒動の時に名前が上がったSBI(ソフトバンク・インベストメント)を思い浮かべます。

Twitterはこの件がすべて終わったとは思っていないようです。最初にゴールドマン・サックスに相談した後、Twitterは2行目のJPモルガンを雇ったと伝えられています。このような場合、より多くの銀行員が必要になると考えていないのであれば、より多くの銀行員を雇う必要はありません。

マスク氏は、トランプ氏を引き合いに?

彼はTwitterをもてあそぶのに飽きたが、言論の自由のビジョンを実現させることにまだ執念を燃やしている。(彼はTwitterや他のソーシャルメディアプラットフォームが議論を不当に妨げていると主張し、保守派からおなじみの批判を繰り返している)。彼は莫大な資本を手に入れ、ドナルド・トランプのTruth Socialのような、他の企業と競合するような独自のソーシャルメディア・プラットフォームを作る。

Truth Socialの立ち上げ時の苦労を見れば、Twitterの対抗馬を作るのが難しいことは明らかだからだ。しかし、モーニングスターのアナリスト、アリ・モグハラビ氏が指摘するように、その可能性もある。

“もし彼が実際に430億ドルの現金を調達して会社を買収することができるなら、もし彼が拒絶されたとしても、彼は実際に同様のソーシャルメディアプラットフォームを作るためにまだその資本を調達しようとすることができると考えることもできる。"

広告