Squareの決済アプリが2022年後半にiPhoneのTap to Payに対応予定

スマホ決済スマホが進めば便利ですよね。というか財布がいらなくなるけど、まだまだいるよね。

は、既存のPOSアプリ(コンビニやスーパーでピッピってやるあのバーコードみたいなやつのシステムの総称)に のサポートを導入し、ユーザーがハードウェアを追加することなく非接触型決済を受けられるようにすることを発表した。

この機能は、Appleが2月に発表したもので、基本的にユーザーはiPhoneを非接触型決済端末にすることができる。現在、Squareは、iOSアプリにこの機能のサポートをもたらすと言う。

「ちょうどスクエアPOSアプリとiPhoneを使用して、売り手は途切れることなく、かつ安全にiPhone上で支払うためにタップして非接触型決済を取ることができるようになります」とスクエアは述べています。

この機能は、マーケティングやロイヤリティプログラム、商品在庫管理、ビジネスバンキングツールなど、Squareの既存の機能をベースに構築されると、決済会社は付け加えています。スクエアは、この新機能は2022年に開始されるとしているが、火曜日から一部の加盟店を対象とした早期アクセスプログラムを開始する。

アップルは、Tap to Payが広く普及した際に、ストライプがiPhoneに採用される初期パートナーになると発表しています。Squareは対面での決済処理市場で圧倒的なシェアを誇っており、Stripeはeコマースやオンライン決済に力を入れている。

今回、Squareもを表明したことで、ビジネス決済システム市場のかなりの部分がこの機能を搭載することになる。新しい決済システムの導入で、また便利になるのでしょうか。

関連記事

広告