バイデン大統領、プーチンから戦費補填目的の利益を奪うため、欧州との新エネルギー作業部会を発表。

2022年3月25日 (金) 23:36

EUジョー・は、ロシアのウラジーミル・大統領からヨーロッパのを奪うことを意図した新しい構想をした。バイデン氏は、ロシアのウクライナでの戦争の燃料として使われていると述べている。 バイデン氏は、委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長とともにブリュッセルで演説し、ロシアがその石油とガスの供給を利用して「近隣諸国を威圧し操作している」と述べた。

彼は、米国はヨーロッパがロシアの石油とガスへの依存を減らすのを助け、大陸が次の2つの冬のために十分な供給を持っていることを確認すると述べた。 「過去10年間に構築されたガスのサプライチェーンとインフラを調整するには時間がかかるだろうから、ヨーロッパの家庭がこの冬と次の冬を乗り切れるようにする必要がある。 バイデン氏とフォン・デア・ライエン氏は、ヨーロッパがロシアの石油やガスへの依存から脱却するための共同タスクフォースを発表しました。

ホワイトハウスと欧州委員会の代表が議長を務めるこの委員会は、液化天然ガスの代替供給源を見つけ、天然ガスの全体的な需要を今後減らしていくことをとしている。 欧州がロシアのガスと石油に依存していることは、ウクライナへの侵攻を理由にモスクワを罰しようとする西側の努力において、大きな障害となっている。米国がロシアのエネルギー輸入を禁止したのに対し、ヨーロッパはその供給を断つことがはるかに困難であることがわかった。

「ロシアのガスを排除することは、ヨーロッパにとってコストがかかることは承知しているが、道徳的な観点から正しいことであるだけでなく、戦略的にはるかに強力な足場を築くことになる」と述べた。 ホワイトハウスは、米国は2022年に少なくとも150億立方メートルの液化天然ガスを、他の国々と協力して欧州に供給することを目指すと発表している。また、メタンガスの排出削減やクリーンエネルギーによる操業など、温室効果ガス排出量の削減にも取り組む。

政権高官によると、150億立方メートルの液化天然ガスは、米国やアジアの国々を含む複数の供給源から供給されるとのこと。しかし、ガスがどこから来るのか、正確な内訳はわかっていない。金曜日の発表は、ヨーロッパ、特にアジアの代替エネルギー源を特定するための過去数ヶ月間の米国の努力の集大成であった。政府関係者によると、このような努力は目標を達成するために今年を通して続けられるという。

ある関係者は、ヨーロッパをロシアのエネルギーから切り離すことは、「信頼できないLNGの供給元を、より信頼できる米国の供給元に置き換える」ことに相当すると述べた。 「この危機はチャンスでもある。バイデン氏は、「これは触媒だ」と述べた。「クリーンエネルギーの目標を倍増させ、ネットゼロエミッションの未来に向けた前進を加速させるために必要な投資を促進する触媒だ」。

※私見※

日本もロシアから石油や天然ガスは輸入していますが、ヨーロッパ程ではありません。禁輸しても数%なので、即国民生活に大打撃!という訳ではありませんが、ヨーロッパの国々は多いところで半分以上依存していますから、代替え案の目処が立たない限り禁輸は難しいですよね。タラレバ論になってしまいますが、1国のみに資源を依存する事の危険性がはっきりしましたね。だからこそのSWIFT完全除外できず、なんでしょう。逆に供給がある程度可能になれば、その分追加制裁も可能になり、ロシアが苦しくなるところですね。

バイデンはポーランドへの渡航を決定

この発表は、大統領が金曜日にポーランドに向かう前にブリュッセルで行った最後の訪問で、ロシアのウクライナ侵攻に対する西側諸国の対応を調整することを目的としたヨーロッパを巡る旅の2番目の訪問地であった。 Rzeszów-Jasionka空港に到着後、バイデン氏はポーランドのAndrzejDuda大統領に迎えられ、戦争への人道的対応についてブリーフィングを受ける予定です。夜にはワルシャワに移動する前に、ルツェズフで第82空挺師団の兵士と会談する予定です。

ホワイトハウスによると、バイデンは土曜日にドゥダと二者会談を行い、戦争の結果生じた難民危機に米国と同盟国がどのように対応しているかについて議論する予定だ。また、ワシントンに戻る前に、演説を行う予定だ。

バイデン氏のポーランド訪問は、木曜日にブリュッセルで行われた一連の緊急首脳会議に出席し、ロシアの数百人の国会議員に対する制裁やウクライナから逃れた10万人の難民を受け入れる約束などの新しい行動を発表し、ロシアが化学、生物、核兵器を配備した場合に世界がどう対処するかについて世界の指導者と協議をした後に行われた。 ホワイトハウスは、今回のポーランド訪問は、1カ月前にロシアがウクライナで戦争を始めて以来続いている大規模な難民危機を強調するためのものだと発表している。

大統領は24日、ポーランド滞在中にウクライナ難民と面会することを希望していることを確認した。しかし、そうした会談がいつ、どこで行われる可能性があるかは明らかではない。 国連難民機関が火曜日に発表したデータによると、現在350万人以上の難民がウクライナから逃れている。その大半は、ヨーロッパを横断するウクライナの西側隣国に逃れている。 西側でウクライナと国境を接するポーランドは、200万人以上のウクライナ人難民が同国に渡ってきたことを記録している。

しかし、ポーランドに滞在している難民の数は少なく、多くは他の国への旅を続けている。 今月初め、カマラ・ハリス副大統領がポーランドを訪問した際、ドゥダは自ら副大統領に、米国に家族がいるウクライナ人が同国に来れるよう、手続きの迅速化と簡素化を要請した。また、ポーランドが両手を広げて難民を受け入れているにもかかわらず、難民の流入によって自国の資源がひどく圧迫されていると、ハリス副大統領に警告した。

ホワイトハウスによると、2月24日以降、米国はウクライナ周辺国や欧州連合の難民流入対策に1億2300万ドル以上を支援し、うち4800万ドルをポーランドに提供したという。 バイデン氏は20日の記者会見で、ポーランド滞在中に難民危機を直接目にしたところで、必ずしも対応が変わるとは思えないと語った。 大統領は「難民の移転や、ウクライナ国内と国外の両方で必要とされる人道支援に、米国が主要な役割を果たすという私のコミットメントを強化することになる」と述べた。

バイデン氏は、紛争地域を訪れたことがあり、難民の苦境を理解していると述べた。 「私は難民キャンプにいたことがある。この15年間、紛争地帯にいたことがある。そして、それは……滅的だ」と述べた。 バイデンはまた、難民の流入は"ポーランドやルーマニア、ドイツが自分たちで背負うべきものではない"と述べた。

「これは国際的な責任です。そして米国は、国際社会のリーダーの一人として、関与し、ウクライナ全土の罪のない女性や子供、そして男性の苦しみや痛みを和らげるために、できる限りのことをする義務がある」とバイデン氏は続けた。 今回のポーランド訪問は、米国がポーランドのMiG-29戦闘機のウクライナへの移送を促進する提案を拒否してから2週間後に行われた。 米国はポーランドの提案を拒否した。

米国とNATOがエスカレートする一歩を踏み出したと受け取られ、NATO同盟への加盟を目指すウクライナに断固として反対するロシアとの間の対立をさらに助長する恐れがあったためである。 ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、侵攻のための航空機の増派を繰り返し要求しており、木曜日にもNATOの指導者に訴えを起こした。

木曜日の仮想演説で、ゼレンスキーはNATO加盟国に「全機材の1%」を要求し、その後「あなた方には数千機の戦闘機があるが、我々はまだ1機も与えられていない」と付け加えた。 ゼレンスキー氏の懇願にもかかわらず、米国高官は木曜日遅くにCNNに、戦闘機問題に対する米国の立場は変わっていないと語った。

広告