Windows10で有線のLAN接続がうまくいかない時の対処法

LANケーブル(以下は英文サイトからの翻訳と個人的な見解を加味した内容です。)LANケーブルを接続したのにネットにつながらない?そんなときはこれから紹介する簡単な方法を試してみてください。家で仕事をしているとき、ネットにつながらない、よく切断されるなどの重大な問題を抱えていると困りますよね。プライベートでの利用も同じです。

Ethernetの修復による問題解決は、まずネットワークドライバーを確認、そして実際にしっかりとケーブル接続が有効になっているか確認をしてください。そして最後に今回の記事を参考にしてCHECKをしてみてください。

IT業界がゆっくりではありますが有線から無線に移行しているにも関わらず、有線ならではの用途やメリットがあるのも事実です。有線LANのメリットはその安定性です。無線LANの場合は外部からの干渉を受けやすく、逆に有線LANは影響を受けにくいという点があります。これがサーバーやダウンロードマシン、ストリーミング動画やゲームなどで依然として有線LANが推奨されている理由のひとつです。

Windows10有線LAN接続トラブル対処法.1:ポートを変えて試してみよう

ルーターのポートが破損している、もしくは認識していない、という可能性がありますので、別のポートに差し込んでみて接続されるかどうか確認してみましょう。

Windows10有線LAN接続トラブル対処法.2:ウィルスをチェックしよう

一部のウイルスは、Windowsマシンのネットワーク接続をブロックする機能を持っています。システムにウイルス対策ソフトがインストールされている場合は、それを使ってシステム全体をスキャンすることができます。 ウイルスを除去するための素晴らしいツールはBitdefenderです。

その効率性と保護機能により、最高のアンチウイルスとしてランキングされています。 Bitdefenderを使用することで、システムの安定性を犠牲にすることなく、エラーもほとんどなく、効率的な保護が可能になるという素晴らしいニュースがあります。

また、なんらかの設定によりEthernet接続を阻害している可能性もありますので、一度ウィルスソフトもしくはファイアーウォールを無効にして接続できるかどうか確認してみてください。

Windows10有線LAN接続トラブル対処法.3:ドライバーをチェックしよう

古いままのドライバーを使っていると、知らない間に不具合の原因になっている場合があります。ですからまずアンインストールを行って、その後は自動的に再インストールすることをお勧めします。

手動でドライバーをダウンロードしてインストールすると、間違ったドライバーがインストールされてしまい、システムに深刻な不具合が生じる危険性があります。 Windowsコンピュータのドライバを更新するより安全で簡単な方法は、自動ツールを使用することです。

DriverFixを使用することを強くお勧めします。 DriverFixは、コンピュータ上の各デバイスを自動的に識別し、広範なオンラインデータベースから最新のドライババージョンと照合します。 ドライバの更新は、一括または一度に行うことができ、その過程でユーザーが複雑な判断をする必要はありません。

Windows10有線LAN接続トラブル対処法.4:接続が有効かどうかを確認する

上記の3つで改善されない場合は、Ethernetが有効になっているかどうかを確認してみてください。タスクバーのWindowsマークを右クリックするとメニュー一覧が現れますので、その中からデバイスマネージャーをクリックします。

デバイスマネージャーのウィンドウが現れたら、その中からネットワークアダプターの左の>マークをクリックして展開します。そこで該当するデバイスを右クリックしてデバイスを有効にする、をクリックします。

ちなみにこの右クリックメニューでドライバーの更新やデバイスのインストール・アンインストールも可能です。

Windows10有線LAN接続トラブル対処法.5:ケーブルに破損がないか確認してみよう

最後に、LANケーブルが破損していないか確認します。テストのため違うケーブルを接続してみます。

もし、ケーブルの破損が原因で接続ができなかったのであれば改善されるはずです。今回のこの記事がお役に立てるよう願っています。

広告