NVIDIA、ARMの買収を断念か

2022年1月25日 (火) 22:32

NVIDIABloombergの情報筋によると、は400億ドルでのについて、規制当局の承認取得がほとんど進んでおらず、内々に買収の準備を進めているという。一方、ARMの現オーナーであるソフトバンクは、買収の代替案としてARMを上場させるプログラムを進めているとされ、この件に詳しい別の関係者が述べています。

NVIDIAは2020年9月にこの買収を発表し、ジェンスン・フアンCEOは “AIの時代に向けて素晴らしく位置づけられた企業が誕生する “と宣言している。ARMの設計は、Apple、Qualcomm、Microsoft、Samsung、Intel、Amazonといった企業が、スマートフォンなどのモバイル機器にほぼ全世界でライセンス使用されている。発表後すぐに反発が始まった。ARMの本拠地である英国は2021年1月に買収に関する反トラスト法調査を開始し、昨年11月にもセキュリティ調査を開始した。

米国では最近、データセンターや自動車製造などの産業における競争を「阻害」するとの懸念から、FTCが買収阻止を提訴した。また、他の規制当局が買収を阻止しなければ、中国も買収を阻止すると報じられています(ブルームバーグの情報筋)。我々は、最新の規制当局への提出書類で詳細に述べられている見解、すなわち、この取引はArmを加速させ、競争とイノベーションを促進する機会を提供するという見解を引き続き持っている。

Intel、Amazon、Microsoftといった企業は、規制当局にこの取引を中止させるのに十分な情報を与えたと、情報筋は述べています。彼らは以前、NVIDIAは自身がARMのクライアントであるため、ARMの独立性を保つことができないと主張した。そのため、ARMのライセンシーのサプライヤーと競合の両方になる可能性もある。

このような厳しい逆風にもかかわらず、両社は依然として前進を続けているという。NVIDIAの広報担当者であるBob Sherbin氏はBloombergに対し、「我々は、この取引がARMを加速させ、競争とイノベーションを促進する機会を提供するという見解を持ち続けている」と述べた。ソフトバンクの広報担当者は、「我々は、この取引が承認されることを引き続き希望している」と声明で付け加えた。

後者のコメントにもかかわらず、ソフトバンクの派閥は、特に半導体業界がこれほど熱狂している間、買収の代替案としてARMのIPOを推進していると伝えられている。

また、NVIDIAの株価が買収発表後2倍近くに上昇し、実質的な買収価格が上昇していることから、買収を継続したいとの考えもあるようだ。最初の契約は2022年9月13日に切れるが、承認に時間がかかる場合は自動的に更新される。NVIDIAは、この取引は約18カ月で完了すると予測していたが、今ではこの期限は非現実的と思われる。

関連記事

 

広告