インフォメディカが医療診断プラットフォーム拡大のため3,000万$調達

2022年1月26日 (水) 17:52

ロボット手術AIやロボットが、人間のや治療を医者の代わりに行うのはSFの世界でよくみかけますが、それの初期的なものが、もう近い将来実現しそうです。

症状分析と患者トリアージのためのAI搭載ソリューションを提供するポーランド創業のデジタルヘルス企業Infermedicaは、シリーズB資金として3000万ドルをしました。このラウンドはOnePeakが主導し、これまでの投資家であるKarmaVentures、欧州復興開発銀行、HealCapital、InovoVenturePartnersが参加しました。

今回の資金調達により、同新規企業はこれまでに総額4500万ドルを調達したことになります。2012年に設立されたインフェルは、医師が患者の事前診断、トリアージ、適切なサービスへの誘導を容易にすることを目的としています。

同社のミッションは、医療に自動化を導入することで、プライマリーケアをより身近で安価なものにすることです。インファーマディカは、医療システム、支払者、プロバイダー向けに、患者のトリアージ、受診プロセス、受診後のフォローアップを自動化するB2Bプラットフォームを構築しました。

Infermedicaは、発売以来、30カ国以上、19の言語で利用され、1,件以上のヘルスチェックを完了しています。同社は、予備診断の症状チェッカー、コールオペレーターがタイムリーなトリアージ提案を行うことをサポートするAI駆動型ソフトウェア、ユーザーがカスタマイズした診断ソリューションをゼロから構築できるアプリケーションプログラミングインターフェイスを提供しています。

AdaHealthやBabylonといった多数の競合他社と同様に、Infermedicaは医師の専門知識と独自のアルゴリズムを組み合わせ、症状のトリアージと患者のアドバイスを提供します。今回の資金調達について、インファーマディカのピョートル・オルセコウスキーCEOはTechCrunchの電子メールに、今回の出資は同社の医療ガイダンス・のさらなる開発と、プライマリー・ケアの全行程をカバーする新しいモジュールを追加するために使われると語っている。

昨年、インファーマディカのチームは80%増加し、医師、データサイエンティスト、エンジニアを含む180人のスペシャリストが揃いました。Orzechowskiによると、インファーマジカは今後12カ月でチームをほぼ倍増させるという野心的な計画を持っているそうです。

「私たちは人材と製品に多額の投資を行い、プラットフォームの新しいモジュールを展開するとともに、疾患の範囲と精度の面で基礎となるAI能力をします」と、Orzechowskiは述べています。

商業的な観点からは、米国とDACHにおける地位を強化することが目標であり、営業とマーケティングの大部分をそこに集中させます。将来については、5~10年後には完全自動のセルフケアボットが登場し、風邪や尿路結石など急性度の低い健康問題の解決策をプロバイダーが見つけるのを24時間365日サポートするようになると、オルチョウスキーは固く信じているそうです。

“WHOによると、2030年までに世界で1000万人近くの医師、看護師、助産師が不足するかもしれません"とOrzechowskiは述べています。「医療従事者の育成速度には一定の制約がありますが、私たちの長期計画では、AIが患者をナビゲートし、日常的な作業を自動化することによって、あらゆる近代的医療システムの中核となり、臨床スタッフの貴重な時間を節約し、臨床的に正確なテクノロジーでサポートすることを想定しています。

インファーメディカのシリーズBラウンドは、2020年8月に発表された1000万ドルのシリーズA投資に続くものです。このラウンドは、欧州復興開発銀行(EBRD)とデジタルヘルスファンドのヒールキャピタルが主導しています。既存の投資家であるKarmaVentures、InovoVenturePartners、DreamitVenturesもこのラウンドに参加しました。

広告