あなたが知らない(かもしれない?)利用可能なiPhoneのショートカット21

2022年5月30日 (月) 22:06

iphoneの操作を簡単にするAppleのShortcutsアプリが人気のようです。

このアプリは時間を節約するウィジェットメーカーで、いろいろ試してみると自分専用にカスタマイズできそうです。は、iPhoneのアプリを順番に連動させて便利なアクションを生み出す、「If This Then That」のiPhone版だと思ってください。

ショートカットには、Appleが公式に作成したものと、ユーザが作成したものがあります。例えば、Siriに声をかけて、ハンズフリーで写真を撮ることができる「Say Cheese」ショートカットは、Siriの音声コントロールをしたショートカットです。タップして起動する公式ショートカットの代表的な例としては、「ホームETA」ショートカットがあります。

このショートカットは、がどこにいても、マップアプリケーションを使って現在地を確認し、あらかじめ登録した自宅の住所からそこまでの所要時間を調べ、メッセージアプリケーションを使ってETAのSMSを作成し、事前に選択した連絡先にその情報を送信します。

ショートカットのシーケンスに必要なデータを最初に入力したら、あとはショートカットライブラリでそのショートカットをタップするだけです。

AppleのShortcutsギャラリーには、特別な日をカウントダウンする機能から、どんな状況にもぴったりのGIFを見つけられる機能まで、ほかのユーザが作成し、共有した何百ものすばらしい例が掲載されています。

iPhone で Shortcuts を始める

ショートカットは現在、iOS13以上を搭載したデバイスに標準でプリインストールされていますが、モバイルオペレーティングシステムの古いバージョンをお使いの方は、AppStoreからアプリケーションをダウンロードする必要があります。

iPhoneとiPadの両方で利用です。サードパーティのショートカットを追加したい場合、iOS12では承認画面を通過する必要があります。iOS13と14のユーザーは、設定から手動で"信頼されていないショートカットを許可する"を確認して「許可する」を選ぶ必要があります。

しかし、あなたの携帯電話に追加する各ショートカットの手順を見る(そして編集する)ことができるので、本物のショートカットのiCloudリンクをダウンロードしていることが分かっている限り、危険性はかなり低いです。

iOSのツールボックスに便利なショートカットを追加

近くにある便利なサービスの検索から、ビジュアルコンテンツの作成時間の短縮、シームレスな音楽鑑賞まで、おすすめのShortcutsをランダムにご紹介します。ショートカットは次のようなことに使えます。

1. 完璧なGIFを数秒で見つける

GIPHYを検索して共有することで、あらゆる機会にぴったりのGIFを見つけ、通常のチャンネルやソーシャルメディアプラットフォームに送信する超スピーディーな方法が提供されます。ショートカットをタップして、表現したい単語やフレーズを入力し、オプションから選択するだけで、すぐに共有することができます。

インスタやFacebookに投稿して共有したい画像がすぐに検索できて、即共有できるということですね。

2. お気に入りの曲でプレイリストを作る

Make Top 25 Playlistは、あなたがミュージックアプリで最もよく聴いた曲を分析し、現在のトップトラックのプレイリストを自動的に生成します。

3. 短縮ダイヤル・ワンタップアプリ

Speed Dial を使用すると、iPhone のホーム画面にアプリのタイルを作成することができ、それをタップすると、選択した連絡先の相手に電話をかけます。さらに素晴らしいのは、タイルに表示する写真(またはカスタマイズしたアイコンデザイン)を選択できることです。

4. テキストメッセージの数を偽装する

iPhone notifications(iphoneの通知機能)では、デフォルトで500通の通知が自動送信されるようになっていますが、アプリ内でもっと信じやすい数字に調整することができます。もしあなたが、帰る、チャットをやめる、電話を切る、人気者に見える、などの言い訳を探しているなら、こっそりとこのShortcutをタップすると、あなたが伝えた回数だけテキストアラート音声を扇動してくれます。

5. 完璧なチップ計算

「Calculate Tip」は、暗算が苦手で、チップを少なく置いて意地悪に見られたり、多く置いて使いすぎたりしないか心配な人に最適です。小切手の金額を入力すると、このショートカットがチップの金額と新しい合計金額を教えてくれます。チップの相場は決まっているようですが、計算は面倒ですよね。旅行に行った時に重宝しそうですね。

6. ワンタップサイレントモード

設定メニューを操作する代わりに、DND Until I Leaveは、iPhoneのDo Not Disturb機能をオンにします。このショートカットを1回タップすると、あなたが現在いる場所から物理的に離れるまで「おやすみモード」をオンにします。

7. ライブGIFを作成する

Shoot a GIFは、あなたが好きなときに写真ベースのGIFを作成するのに役立ちます。あなたは、キャプチャしたいフレーム数と、各写真を表示する時間を選択することができ、その後、あなたのスライドショーを作成し、すぐに共有するためにフロントまたはバックカメラを使用しています。

8. 最寄りのカフェまでの道順を表示

Walk to Coffee Shopは、最寄りの目的の場所への道順を即座にロードします。もちろん、ビジネスの種類を何に変更することができます。最寄りの書店、食料品店、公衆トイレなど、よく調べる便利なものを検索するようにカスタマイズできます。

9. 子供向けの音楽アプリを作る

Play an Albumを使えば、特定のレコードへのショートカットを作成できます。これは大人にとっては驚くべきツールではないかもしれませんが、もしあなたの携帯電話に子供が好きな音楽があれば、ホーム画面にワンタップボタンを追加して、子供が探しているものを見つけるために音楽アプリをいじくり回す必要がなくなるのです。

10. 買い物リストを忘れない

リマインド ミー アット ワークは、あらかじめ選択した職場に行くとリマインダーを送信してくれる、まさにそのような機能を備えています。ですから、例えば職場をスーパーに設定し、買い物リストを追加しておけば、店に行ったときに買わなければならない商品のリマインダーを自動的に受け取ることができます。

関連記事

11. I.C.E.の次のレベルへ

In Case of Emergencyは、「ICE」連絡先を追加することの次世代的解釈です。このショートカットは、あなたが選んだ緊急連絡先にあなたの位置情報を含む最初のメッセージを送信し、必要に応じて他の主要な連絡先に2番目のメッセージを送信し、最初の応答者が見ることができるようにあなたの携帯電話の画面にメッセージを表示することができます。

12. 独自の笑いのトラックをキューに入れる

Sitcom Laughは全く斬新なものですが、お笑いの場面ではその用途があります。このアプリは、あなたの笑いのツボを刺激するようなオチをつけるときに再生される、あなた自身の笑いのトラックを求めていた人のためのものです。ボタンを押せば、すぐに拍手喝采です。

13. リモコンなしでApple TVを起動

小さなリモコンが見つからないとき、あるいはソファから動くのが面倒なとき、Wake Apple TVは救いの神です。Apple TVが接続されているテレビがHDMI-CEC接続に対応していれば(最近のものはほとんど対応しています)、このショートカットはテレビの電源も入れてくれます。

14. 画像のコラージュを簡単に作る

Photo Gridは、iPhoneのカメラロールにある複数の画像をコラージュにして、すばやく簡単に共有することができるツールです。使いたい画像を選んで、プレビューが読み込まれるのを待ち、共有するだけです。

15. 家族・恋人に帰宅時間を通知

Home ETAは、あなたの現在地を確認し、あらかじめ登録した自宅の住所からどれくらい離れているかを調べ、拠点に戻るまでにかかる時間を計算します。そして、事前に選択した連絡先にメッセージを送って、あなたのETAを知らせます。

16. スクリーンショットの即座共有

AirDrop Screenshotは、あなたが撮影した最新のスクリーンショットをAirDrop経由でほかのiDeviceに送ります。デバイスが見つからない場合は、このショートカットで標準的な共有の選択肢を表示させ、ほかのオプションを選ぶことができます。

17. Siriでハンズフリー写真撮影

Say Cheeseは、Siriとの統合を利用してiPhoneのカメラからスナップを撮るための、すばらしい名前のショートカットです。iOS 13のユーザーは、Siriに「Say Cheese」と言うと、ショートカットが起動し、ハンズフリーで写真を撮ることができます。注:これは、すべてのiOS 12ユーザーに対して完全に機能するわけではありません。

18. 現在の曲を共有

Message This Songは、あなたのShazamアプリと連動して曲を特定します。アーティスト名と曲名があらかじめ入ったメッセージを作成するので、友だちと共有したり、自分自身に送ったりすることができます。

19. 睡眠時間をカウントする

Special Day Countdownは、あなたの人生における「特別な日」までの期間を確認することができます。あなたは誕生日、または休日まで何日かを見たい、またはちょうどあなたの親友と次の夜を待つことができないかどうか、このアプリは、残りの時間を明らかにし、他の人にこの更新をメッセージにするオプションを提供することができます。

20. 手指の衛生管理

Washing Hands Musicは、あなた(あなたの子供たち)の手洗いの衛生をサポートします。もちろん、20まで数えたり、「ハッピーバースデー」を2回歌ったりすることもできますが、ウィジェットをタップして、自分の音楽ライブラリから正しいタイミングで1つの曲を再生する方が、ずっとクールです。

21. 宝くじの当選番号を選ぶ

Random Number Generatorは、乱数を思いつく際の脳の負担を軽減してくれます。もちろん、宝くじについては冗談ですが、このシンプルなツールを使って、宝くじのチケットのためにランダムに数字を生成したり、コンテストの当選者を選んだり、パスワードを作成したり、その他にもいろいろできます。

確かにランダムに数字を考えるのも馬鹿らしいというか面倒ですね。こんな機会は宝くじを買ったり競馬や競輪のときにしか使わないでしょうが、あれば・・・・便利かもしれません。

トラブルシューティング

ショートカットはiOS 13とiOS 14のユーザにはとても便利ですが、iOS 12で止まっているユーザには、これらのショートカットの良さが十分に伝わらないかもしれません。iCloudのリンクをクリックすると、Shortcutsアプリケーションではなく、App Storeが開いてしまう場合は、iPhoneのSafariブラウザでリンクを開いてみてください。そうすれば、うまくいくはずです。

選ばれたショートカット

これらのショートカットの中には、たいして時間の節約にならないものもありますが、アプリ操作を自動化してくれる小さなウィジェットがとれも便利ですね。ただ楽しむだけのものもあれば、日常生活で本当に役に立つものもあり、中にはあなたの命を救ってくれるものもあるかもしれません。

今回紹介したオススメを試してみて、慣れてきたらショートカットアプリケーションのギャラリーセクションでショートカットの動作を検索してみましょう。そうすればさらに多くのオプションを見つけることができます。ショートカット・アプリの画面右下にある「ギャラリー」をタップしてください。

※私見※

Androidにも同様のショートカットアプリがあるのか探してみます。何にせよ、時間短縮になったり、ワンタップやツータップで指定先に通話できたり、痒いところに手が届く機能はありがたいですよね。

関連記事

広告