仮想医療アシスタント提供のHeyReneeが4.4Mドルの資金を調達

仮想医療
は、実質的に患者にパーソナルケアを与えるヘルスケアソリューション全体をするために、440万しました。HeyReneeは、医師のネットワークを立ち上げ、患者に対面およびバーチャル往診を行うHealの創業者であるReneeDuaとNickDesaiによる最新の技術スタートアップである。その目的は、十分な医療サービスを受けていない人々や、慢性的な病気や症状を抱えている人々が、医療機関の事務手続きをこなすのを助けることにある。

さらに、医療チーム全体とつながり、予約のスケジュール管理、自宅への訪問、処方薬の管理、遠隔医療、遠隔患者モニタリングなどの負担を軽減することも目的としています。"アシスタントは実際に私の日々の健康状態を見て、「ニック、この薬はまだ飲んでいますか?ニック、この薬で気分はどう?グレープフルーツジュースを飲まずにリピトールを飲むことを忘れないでください"と、VentureBeatのインタビューでDesaiは言った。

“そして、それは、私のネットワークのオプションに基づいて、デジタルヘルスエコシステムを活用するために使用できる計画を立てます。"QuietCapitalは、HeyReneeの2回目のシードラウンドをリードしました。他の投資家は、CityLightCapital、FikaVentures、GlobalFoundersCapital、MuckerCapital、SaaSVentures、およびTauVenturesを含みます。HeyReneeは、わずか5ヶ月で合計820万ドルを調達し、評価額を3倍にしました。

Desai氏はVentureBeatのインタビューで、同社は人を雇っており、1カ月ほどでベータテストのためのパイロットプラットフォームを立ち上げると述べた。今年の前半にプラットフォームを立ち上げ、後半にはより多くの顧客と契約する予定だ。HeyReneeの最高戦略責任者兼共同設立者であるレニー・ドゥアは、声明の中で、「(20年近く)開業医として、私は個人的に全人的ケアコーディネーションの必要性を感じてきました」と述べています。

「投資家の皆さんの協力で、患者を喜ばせ、医師を安心させ、医療費を削減する方法で、このニーズを満たすことができるのです。

また、同社は、米国保健社会福祉省(HHS)の健康の公平性に焦点を当てた新しいイニシアチブであるPandemicXとのパイロットを含むマスチャレンジのヘルステックのファイナリストに選ばれました。HHSの保健担当次官補であるレイチェル・レヴィーン氏は、「(HeyReneeを含む)PandemicXAcceleratorコホートに期待しています」と述べています。「私たちは、社会のあらゆる層が協力し合うことで最高の力を発揮します。最高の解決策を達成するためには、協力し合わなければなりません。

コーディネート・ケアは、患者1人当たり年間7,700ドルの医療費削減につながることが証明されていると言われていますが、なんと74%の高齢者がまだコーディネート・ケア・プランを持っていないとのことです。この問題は、すでに5300万人のアメリカ人が高齢者の介護に苦労しており、今後10年間で120万人のホームヘルパーが不足するという現実によってさらに悪化しています。"医療は本来、そうあるべきなのですから、あなたと医師は同期することができます"とデサイは言います。

いずれにしても、テクノロジーの進化と活用で医療費を削減できれば、負担する側にとってはいいことですね。日本も早く、といいたいところです。

広告