フロンティア・スピリット・ジェットブルー、アメリカ航空会社の買収劇

2022年6月4日 (土) 00:21

航空会社の親会社は木曜日、規制当局が反トラスト法上の理由から2つの格安航空会社の合併計画を承認しない場合、航空に2億5000万ドルの逆解約金を支払うと発表した。

スピリットのマック・ガードナー会長はニュースリリースで、「フロンティアの合併は、より高い逆解約金と成立する可能性がはるかに高いという組み合わせで、が提案した取引よりもスピリットの株主にとって実質的な規制上の保護となる」と述べている。

ニューヨークを拠点とするジェットブルーは4月、スピリットに対して1株33ドル(現金36億ドル)を提示したが、これはスピリットとフロンティアが2月に発表した現金と株式の取引額29億ドルを上回るものであった。

スピリットの取締役会はJetBlueの提案を拒否し、JetBlueは先月、1株30ドルの公開買付けを行い、スピリットの株主に反対票を投じるよう促した。スピリットは、JetBlueとの取引は規制当局の承認が得られない可能性が高いと述べた。

JetBlueのオファーには、規制当局が買収を承認しない場合、2億ドルの逆解散料が含まれている。JetBlueは、木曜日の声明で、Spiritの取締役会が「圧力を受けてFrontierに戻ったのは、株主がSpiritの取締役会の欠陥あるプロセスとFrontierの劣った取引を決定的に拒否することがますます明らかになったときだ」と述べています。

“敗北の可能性が高いに直面して逆解約料を追加することは、単に両方の取引の規制プロファイルとタイムラインが実際に似ていることを認めている"と、ニューヨークの航空会社は述べています。

委任状作成会社のInstitutiona lShareholder Servicesは火曜日、スピリットの株主にフロンティアとの取引に反対票を投じるよう助言し、逆解約手数料がないことに懸念を示していた。スピリットのテッド・クリスティCEOは、金曜日にCNBCの「SquawkBox」において、逆解約金によってISSが勧告を変更することに「期待している」と語った。

ISSはコメントを控えている。別の委任状作成会社グラス・ルイスは、金曜日の早い段階で、スピリットの株主がフロンティアの提案を支持するよう推奨し、逆解約金を「土壇場で盛り込んだ」ことは、規制当局がこの取引を阻止する可能性があるという懸念を緩和するのに役立つはずだと指摘した。スピリットの株主総会は6月10日に予定されている。

※私見※

名前が変わっても、手頃で安全、快適なそらの旅が約束されれば、問題ありません。

関連記事

広告