Facebookの親会社MetaのA.I.離脱:研究所の優秀な人材が大量辞職

FacebookとMeta会社の方向性や理念の欠如は、そこで働く人達にとってかなり重要なウェイトを占める場合があります。自分がやりたいこと、自分の能力が活かせるからこそであって、そうでなければ他に可能性を求めてしまうのも当たりまえかもしれません。であるは、メタバースへの軸足を移しつつあるため、今年に入ってからトップの人工知能科学者を何人か失っている。関係者やLinkedInの分析によると、MetaAIの少なくとも4人の著名なメンバーがここ数カ月で退社しているとのことです。

その間、科学者たちは世界的に有名な雑誌に数十の学術論文を発表し、メタがFacebookやInstagramの強化に利用した複数のブレークスルーを成し遂げてきた。かつてライバルの研究所DeepMindで働いていたAI起業家のKarlHermann氏は、月曜日のCNBCで、本当の数字は半ダース以上かもしれないと語り、同社のロンドンのAI研究所では驚くほどの数の退社があったことを付け加えた。「Metaのロンドンオフィスは崩壊し、6週間の間にほとんどの研究者を失った」と彼は言った。

ケンブリッジ大学の機械学習教授であるニール・ローレンス氏は、CNBCに対し、「驚いていない」と語った。「マーク(ザッカーバーグ)は今やすっかりメタになってしまったし……そもそも彼らはロンドンの何かにきちんと投資したことがない」と彼は言った。同社を去った人物には、強化学習として知られるAIの一分野でMetaの取り組みを主導した研究者、EdwardGrefenstette氏がおり、彼は2月に退社している。

同氏はCNBCの取材に対し、コメントを拒否した。MetaAIの研究技術マネージャーの1人であるHeinrichKuttler氏は、DeepMindの共同創業者MustafaSuleyman氏とLinkedInの億万長者ReidHoffman氏が設立した新興企業InflectionAIに加わるため、ここ数週間で離職している。カトラーはDeepMindで2年以上を過ごした後、2019年1月にMetaに入社した。また、最近の離職者としては、1月にMetaのリサーチサイエンティストの職を離れ、同じ職でGoogleに入社したAhmadBeiramiがいる。

そして昨年12月には、DouweKielaが5年間過ごしたMetaのリサーチサイエンティストの職を離れました。現在はAIスタートアップのHuggingFaceで研究責任者を務めている。Kuttler氏、Beirami氏、Kiela氏は、CNBCのコメント要請にすぐには応じなかった。

他にも多くのMetaAIのスタッフが退職したか、今後数週間のうちに退職する見込みであると、この問題に詳しい人物がCNBCに語ったが、この問題は微妙なため匿名を希望している。彼らは、人々が去っていく理由は1つではないと付け加えた。「ある人は、自分のキャリアや研究課題をより良く進められると感じ、別の大きなに飛び移ります」と、その関係者は述べています。

「ある人は、自分のチームの待遇や雇用の可能性が、他の場所の方が良いからということで、行ってしまう。「また、単にスタートアップをしたいとか、小さな会社と関わりたいとかいう人もいる。ある人はMetaの株価が暴落したことと関連しているかもしれませんが、必ずしもそれが主な理由とは言えません。”と関係者は付け加えました。MetaのチーフAIサイエンティストYannLeCunは、Zuckerbergの家でのディナーの後、2013年に同社のAIラボを共同設立したが、CNBCにメールで「人々は興味を変え、先に進む」と語った。

さらに、「エド(グレフェンステット)は無名のスタートアップに参加します。私は彼が去ったことを悲しく思います。しかし、人々の関心が変化することは理解しています。ハインリッヒの計画はよくわからない。私が知る限り、根本的な共通原因はない。FAIR(FacebookAIResearch)ロンドンからも、他のサイトからも、検出可能な移行はありませんでした。”ここ数年、DeepMindや他のAI研究所からも何人かMetaに参加していることは注目に値します。

AIが世界を変えるという信念に後押しされ、米国のハイテク大手はここ数年、この分野に多額の投資を行っており、その資金の大半は、英国のオックスフォードやケンブリッジ、米国のMIT、スタンフォード、NYUといった一流大学のを採用するために使われている。

MetaAIの今回の退社は、過去2年間における他のいくつかの大きな退社に続くものです。MetaのAIラボの共同創設者であるRobFergusは、2020年にMetaを退職し、DeepMindに入社してニューヨークにDeepMindチームを立ち上げた。他にも、Marc’AurelioRanzatoは昨年8月にMetaAIのリサーチサイエンティストマネージャーを辞め、DeepMindに入社しています。MetaのAIラボ以外にも、2021年には会社全体で多くの大きな退社があった。

※私見※

AIが世界を変える、これはもう疑いようのない事実ですね。というか実際にもう変えています。今後はさらに人型化が進んだり、より高度になっていくでしょう。自動運転しかりですね。Metaの場合は社名変更と親会社化も驚きましたが、それだけ優秀な人材が流出となるともったいない気もしますね。世のため人のためになることを祈っています^^

広告