Twitterの黒歴史?過去の恥ずかしいツイートをまとめて消せる4つのアプリ

Twitterの過去投稿削除法
Twitterの過去投稿削除法

Twitterは今では誰もが知っている生活に密着したSNSの一つになりました。気軽につぶやく、これが自己表現になって・・・ひいてはたくさんのフォロワーを持つ著名人の影響力を増大させています。ただ一般人にとっては、いってしまえば暇つぶしみたいな感覚ですが、過去のツイートをみてみると、「よくこんな事書いたな」と思えるものがたくさんあったりします。今回はそんなツイートをまとめていっぺんに削除する方法を4つのアプリを使って紹介します。

Twitter過去投稿削除法①TweetDelete

TweetDeleteは、Twitterの投稿を年齢やテキストフィルタを使って大量に削除することができる無料のウェブツールです。また、スケジュールを設定して大量に削除することもできます。ここでは、TweetDeleteを使い始める方法をご紹介します。

1. TweetDelete.netにアクセスします。
2. 同時にTwitterもサインインする。
3. アプリケーションの許可、プライバシー設定、T&Cを読む。
4. アプリを承認する。

そこから、いくつかの制限付きで最新のツイートを最大3,200件まで削除することができます。1週間、3ヶ月、1年以上前のツイートを削除するには、ドロップダウンメニューのオプションがあります。特定のトピックを削除したい場合は、テキストフィールドを使って、単語やフレーズを含むツイートを削除できます。さらに、TweetDeleteには、1日または数日ごとにツイートを消去するよう指示することができます。

ただし注意が必要で、データファイルをバックアップしていない限り、削除したツイートは復元できません。  TweetDeleteには、15ドルの一括払いで利用できるプレミアム機能があります。プレミアム版には、無制限のツイート削除、大量削除時のカスタマイズ、数値IDでツイートを削除するアドバンスモードなどの追加機能があります。

Twitter過去投稿削除法②TweetEraser

TweetEraserは、Twitterのタイムラインをきれいにするためのウェブツールです。このアプリでは、ツイートをフィルタリングしたり、大量に削除したりすることができます。サービスの仕組みは以下の通りです。

1. tweeteraser.comにアクセスします。
2. プランを選択します。無料プランを選択した場合は、「Sign in with Twitter」をクリックします。
3. Twitter のログイン情報を入力し、「Authorize App」をクリックします。
4. 携帯電話に送られてきた認証コードを入力し、「Log in」をクリックします。
5. もう一度Authorize Appをクリックします。
6. TweetEraserは、コミュニケーションを円滑にするためにメールアドレスの入力を求めますが、サービスを継続するために入力する必要はありません。
7. 最新のツイートを取得」をクリックすると、お客様のTwitterアクティビティのチャートが表示されます。

TweetEraserは、あなたが投稿した日時、リツイートやいいねを獲得した数、写真を追加したかどうかを教えてくれます。また、Twitterのオリジナルの投稿を表示する機能もあります。そこからボックスをチェックするだけで、ページ上の記録を個別に、またはすべて削除することができます。1ページあたり10ツイートから3,200ツイート(無料版の最大インポート数)までカスタマイズできます。

TweetEraserの無料版では、定期的な課金はなく、タイムラインのスパムもなく、Twitterデータの最大インポート数は3,200ツイートで、検索フィルターも限られているという。このツールにはサブスクリプションプランも用意されており、Standard Eraserは30日で7ドル、Premium Eraserは30日で10ドルとなっています。どちらも、広告なしで利用できるほか、より多くの検索フィルター、複数のTwitterアカウントを追加できる機能などが含まれています。

Twitter過去投稿削除法③TweetDeleter

TweetDeleterでは、ツイートの閲覧、検索、削除に加えて、Lenameツイートの削除も可能です。このアプリでは、いいね!、キーワード、冒涜、日付、メディアなどでツイートを検索できます。また、自分のツイートや「いいね!」のアーカイブにアクセスすることもできます。また、TweetDeleterは、削除したツイートをTwitterから永久に削除しても、アプリ上に残しておくことができます。

その仕組みは以下の通りです。

1. tweetdeleter.comにアクセスします。
2. Sign in with Twitter」をクリックします。
3. Twitterのログイン情報を入力します。
4. Authorize App」をクリックします。

そこからダッシュボードに移動し、検索、削除、自動削除の設定、アーカイブのアップロード、アプリで保存した削除済みのツイートの確認ができます。

TweetDeleterには無料版がありますが、削除できるのは月に5件まで、無料のキーワード検索は月に5回まで、冒涜的な言葉をフィルタリングすることができるだけです。TweetDeleter」のより幅広い機能を利用するには、サブスクリプションプランが用意されている。スタンダード(月額4ドル)では、月に500件までのツイートを削除でき、すべての検索フィルターとキーワードを利用できます。TweetDeleter Advanced」(月額5ドル)は、「Standard」に含まれる機能に加え、月に3,200件のツイートと1,000件の「いいね!」を削除することができる。Unlimited」では、アプリ全体が利用可能になります。どのサービスを選んでも、削除したツイートをアプリに保存するには、月額5ドルの追加料金がかかります。

Twitter過去投稿削除法④TwitWipe

TwitWipe」は、Twitterアカウントに投稿されたすべてのツイート(リツイート、いいね!、リプライ、メディア、メンションも含む)を削除します。フォロワーはそのままで、他の人があなたのことを言及したツイートも削除されません。Twitterのアカウントが人から人へと引き継がれたときに役立つかもしれません。

記事掲載時、TwitWipeのサイトはメンテナンス中でした。同サイトに掲載されていた手順は以下の通り。

1. twitwipe.comにアクセスする。
2. スタート」をクリックします。
3. 「Sign in using Twitter」をクリックします。
4. TwitWipe This Account」ボタンをクリックして、確認またはキャンセルする。確定する前に、必ず免責事項をお読みください。

以上、4つのアプリを使って見られたくないツイートを個別に、まとめて削除する方法を紹介しました。以前このブログで同様の記事を書いたことがありましたが、古くなりましたし、執筆当時に使えないサイトやツールもあったので、新しい英文サイトを見つけたので紹介しました。使ってみてください。

広告