コピーライティングのコツ!知っておくべきコピーライティング3つの基本

コピーライティング

キャッチ、コピー、勉強しましたねえ。ものになっているかは別として、今回はそのキャッチコピーの、を紹介します。当たり前だ!と思われるかもしれませんが、大事なこと。初心に返ってみましょう。

コピーライティング、つまり宣伝用の文章を書くことは、芸術であり、科学でもあります。ライティングスキルさえあれば食うに困らない、とまで言われたほどです。少なくとも効果的なコピーライティングのスキルがあれば、それを活用して収益を生み出すことができます。

ただし熟練するためには、時間と努力が必要です。優れたコピーであれば、マーケティング活動の効果に大きな違いが生まれます。

しかし残念なことに、起業のごく初期段階では、コピーライティングの専門家を雇うだけのリソースはないのが普通でしょう。お金をかけず、自分でできることは自分でやる、がですからね。

資金に余裕ができて、アウトソーシングもしくはスタッフを雇用したほうが生産性が高まる、までには時間がかかります。

つまり創業者であるあなたは、非常に早くスピードアップする必要があるのです。この記事では優れたコピーライティングの基礎について概要を説明します。

簡潔さと明瞭さ

「こんな長い手紙を書いてしまってごめんなさい。短い手紙を書く時間がなかったんだ。」

ブレーズ・パスカル

コピーライターとしての第一の目標は、情報を明確に伝えることです。

短く効果的で、的を得た文章を書くには時間がかかり、時間がないから長い文章になってしまった、という比喩的な意味を内包したフレーズですね。

読者はあなたの言いたいことを理解するために、余分な努力をする忍耐力はありません。また、読者が混乱した場合、次のコンテンツや別の解決策に移ってしまう可能性もあり、それは言うまでもなく大変なことです。

ですから、わかりやすく伝えることが一番重要です。それ以外のことは二の次です。そのためには、できる限りメッセージをまとめる必要があります。

初心者にありがちなのが、言いたいことを詰め込みすぎて、あらゆる疑問や質問を解決しようとすることです。そのようなことがないように、伝えるべき主なメッセージは何かを見極め、それだけに集中することです。

あれもいる、これもいる、で結局何がいいたいのかよくわからない、長ったらしい文章になってしまうという事ですね。

その上で、自分のコピーを見直し、不必要な言葉を排除するようにしましょう。

受動態、複雑な文章、説明過多の言葉やフレーズは避けてください。意識的に書いた文章を、短く、パンチの効いた、意図的な文章に編集することは、時間と労力がかかりますが、良いコピーライティングのためには必須です。

できるだけ具体的な表現を心がけるようにしてください。一般的な文章や抽象的な表現を多用しないことです。要点を端的に伝えるようにしましょう。

例えば
“We do our best to provide good customer support"(我々は良い消費者サポートを提供するためにベストを尽くします)は、"Customer support is our highest priority"(消費者サポートは我々の優先順位1位です=我々は顧客第一主義です)などとします。

このようにすると、特に箇条書きを使っている場合は、文章をざっと読みやすくできます。

読者に奉仕する

なぜこの文章が必要なのか?読者がこの文章を読んでいる理由をイメージしましょう。

この問いにきちんと答えられないと、良い文章は書けません。私たちは当然、自分自身の視点から文章を書こうとします。しかし、実際の読者は、あなたが自分の問題を解決してくれることを望んでいるのであって、あなたの言い分など気にも留めていないのです。

ですから効果的なコピーを書くためには、あなたが読者のことを理解し、彼らのトラブルを効果的に解決する方法として、最適な情報を提供している、と理解してもらう必要があるのです。

そうすると、「世界初の携帯音楽プレーヤーを作りました」が「1000曲をポケットに」になるのです。

これは、顧客の問題や要望が、「世界初の携帯音楽プレーヤーが欲しい」というものではなくて、「移動中や出先でも気軽に音楽を聞きたい」ということの現れです。

文章に味を加える

最後に、最初の2つの目標を達成したら、文章に味付けをすることを考えましょう。

あなたの個性、価値観、文化を文章に反映させましょう。これは、読者によっては敬遠される可能性があるので、企業では一般的に行われていないことです。

しかし、万人受けする文章を作ろうとするのは、スタートアップにありがちな失敗です。プロフェッショナルな響きを持つ、魂のこもらない文章は、ほとんどの企業のコピーから得られるものです。

新興企業である以上、差別化を図る必要があります。

文章に個性を出すのは良いアイデアです。多くの読者は、そのような文章に好感を持つでしょう。要約すると、良いコピーを書くためには、読者の立場に立ち、彼らのニーズや欲求を理解し、簡潔で正確、かつ魂のこもった文章で伝える必要があるということです。

プロジェクトが大きくなってコピーライターの役割を終えたとしても、より良いコピーライターになるために費やした努力は決して無駄にはなりません。

コピーライティングを理解することは、一般的なコミュニケーション能力の向上にもつながり、それは起業家にとって最も重要なスキルであることは間違いありません。

あわせて読む

広告