SEOの順位にはキーワードの出現率と自然さが重要という事実

SEOの順位にはキーワードの出現率と自然さが重要という事実

SEOの手法として本文中のキーワード比率は5%前後がいい、というのが定説となっていました。しかし現在は全く意味をなさなくなっています。今では検索エンジンの性能も良くなり、反対にページ内にある不自然なキーワードの羅列などがペナルティを招いています。

これはページやサイトの内容の把握をキーワードの出現比率ではなく、実際のコンテンツの質によって評価するようになってきたという事の現れです。今回はSEOを行う上でキーワード出現率との関係性をおさらいを含めて紹介します。

キーワード出現率の調整がSEO対策に必要だった理由

検索エンジンはタイトルに入っているキーワードで、そのサイトが何のサイトなのかを判断します。これは現在も変わりません。ユーザーも検索の表示一覧をみて、タイトルにキーワードが入っていればクリックします。

ですから、僕もそうなんですけど、古くからSEOを視野に入れてサイトの作成や運営をしていた人は、どうやって本文中に適切なキーワードを盛り込んでいくか?というのに頭を悩ませていたのではないでしょうか?

例えば本文の文字数が1,000文字だとして5%であれば50文字ですから、無理やり文章の構成を考えてキーワードを入れ込んで5%に近づけていました。その結果日本語としては読めるけれどもなんだか不自然な文章になっていたんです。でも、こうやって文章を考えて作る場合はまだいいんです。

下手をすれば比率ばかり重視して内容のともなっていない悪質なスパムサイトが乱立しました。そうするとせっかく検索してきたユーザーに有益な情報を提供できないという矛盾が発生していたんです。

当然そういうサイトを上位表示していればユーザーは離れていって、その(上位表示をさせている検索エンジン)を使わなくなります。結果内容の伴わないスパムサイトを排除しようという動きが始まって、検索エンジンの技術の高度化によって実現されるようになっていったんです。

キーワードを気にしすぎて文章が不自然になるのはおかしい

そもそも普通に考えれば、検索エンジンに好かれるためにキーワードを意味なく埋め込んで、小手先のテクニックを使ってユーザーに無意味な情報を提供するのは本末転倒です。重複しますけど、現在はキーワードの出現率は直接順位を決める基準にはなっていません。

2011年にはGoogleのジョン・ミューラー氏が、キーワードの出現頻度よりも自然な文章を重要視するような発言もしています。検索エンジンの精度も格段によくなってきて、キーワード比率に関係なくそのページが何を訴えようとしているのかが判別できるようになったからです。

Googleが一番重要視する基準は、コンテンツのユーザーに対する有用性です。ですからキーワードを重視しすぎて読みにくい文章になってしまうのは、ユーザーとGoogle両方に対して評価ダウンになってしまうんです。かといってまったく無視して書いていくと、キーワードとはかけ離れた文章になってしまいます。

ある程度の目安くらいに考えておけばいいでしょう。現在では上位表示されているサイトを調べてみると、1つのテーマについて記事が書かれていた場合、自然にテーマ(キーワード)が文中のキーワード比率の上位に入っているケースが多いようです。

ちなみにキーワードの出現率を調べるには「キーワード 出現率 ツール」などで検索すれば複数ヒットします。

キーワード比率の調整方法

そうは言っても文章を書き終わった後に調べてみると、狙いたいキーワードが上位に入っていない場合もあるでしょう。そんなときは無理やり詰め込むのではなくて、必ずボリュームを増やすようにしましょう。

そして別の角度からそのキーワードについて追記できないか?ユーザーが求めている情報はなにか?現在の上位サイトでどんな情報を提供しているか?というふうに考え直してみて、文章を加筆修正していきましょう。

純粋に検索エンジンに評価されるようなサイトをつくっていくには1コンテンツで最低1,000文字以上でしょうし、関連記事へのリンクを記載することでユーザーに対して情報も提供しやすくなるので積極的に記載しましょう。

SEO対策でのキーワード出現率の関連性・まとめ

いかがでしたか?結局キーワド5%神話というのが、SEO業界がGoogleしか見ずに対策をやっていた結果だったという事がわかったんじゃないでしょうか。上位表示させるための小手先のテクニックには、もう誰もだまされないようになってきているんですね。

本来はGoogleにどう評価されるか?ではなくて、ユーザーにどう評価されるか?その結果Googleに評価されるという順番なんです。シンプルにユーザーに有益な情報を届ける事を考えながら、くれぐれも楽をして上位表示させようなんて思わないようにしましょう。(自分も含めw)

SEOカテゴリの最新記事