怠惰な人間が最高の人材をつくる:ビル・ゲイツ談

怠惰

ビル・は、怠け者を雇うべきだと考えている。いや、マジで。彼の有名な言葉に、「私は難しい仕事をするときは怠け者を選ぶ。なぜなら、怠け者は簡単にできる方法を見つけるからだ"。

その前提に異論はない。簡単な方法」で仕事をこなし、目の前の難題を解決してくれる人を選ぶことは、最も野心的なチームに任せるよりも良い場合があります。最も困難な方法が最良の方法でないことはよくあることです。実際、スタートアップの世界では、時間とお金が有限の資源であり、より少ない解決策で効果的に問題を解決できた場合、過剰な提供は過小な提供と同じくらいに危険な場合があるのです。最も低いところにある果実を選ぶことは、人を怠け者にするわけではありません。優先順位をつけるのが上手になり、効率的に仕事をこなし、より回復力のあるになるのです。

これらの行動をすべて「怠け者」に分類することは、非特異的であり、還元的であり、「怠け者」なのです。しかし、この言葉は、自分自身にも他人にも簡単に当てはめることができます。十分な時間があったにもかかわらず、同僚が締め切りに間に合わなかったとしたら?怠け者だ。ジムに行くくらいなら寝ていた方がいい?怠け者。でも、そんな単純な話ではありません。怠け者は問題ではなく、症状なのです。行動を起こすのをためらう深い理由は、不快な真実である可能性があるため、私たちはしばしばそのように見ることに抵抗します。

しかし、その理由を検証する必要があります。私たちの行動を妨げているのは、怠け心ではなく、実はそのような理由なのです。

まず最初に

怠けていると感じるのは、休息が必要なサインであることが多い。休息とはイコールではないのです。

よくある誤解です。この2つはよく似ています。仕事の代わりにリラックスすること、仕事よりも個人的な仕事を優先すること、朝6時に起きないことなどは、すべて典型的な怠け者の姿と言えるでしょう。生産性という認識は、実際の生産性よりも重要です。

時には、最も生産的なことは休むことです。以前にも書きましたが、休息は生産性を高めるために重要です。休息は仕事のパートナーです。一方がなければ、もう一方をやり遂げることはできません。長い散歩のように、仕事中に休息をとることは、創造的なアイデアを生み出すのに有効です。燃え尽き症候群を防ぐには、長めの休憩が重要です。怠けているように見えても、案外、自分を高めてくれるものです。

その秘訣は、休むときは本当に休むことです。スマホでSlackをチェックしない。休みの日にメールに返信するのはやめましょう。そして、同僚にもそのスペースを与えてあげてください。そうすれば、やる気が出て、よりよい仕事ができるようになるはずです。

怠け者の気分から他に何がわかるでしょうか?

十分な休息と水分補給をとり、仕事のピークを迎えているにもかかわらず、やる気が起きない。だからといって、怠けているのでしょうか?

そう単純ではありません。

やる気が出ないのは、多くの人が自分自身の失敗として責めていることです。鏡に向かって侮辱するのではなく、好奇心を持つことから始めてはどうでしょうか。なぜ、ある仕事を避けているのか、自分に問いかけてみてください。安易に答えを求めないようにしましょう。

新しいことを学べないから、今の仕事にあまり興味がわかないのかもしれません。ジムでのトレーニングのように、進歩に伴う不快感や、何も生まれないかもしれない情熱的なプロジェクトのように、失敗そのものを恐れているのかもしれません。

これらは、怠け心よりも解決すべき複雑な問題です。このような問題に取り組むには、深い共感が必要です。自分の能力が不十分であることや、仕事の意味を失ってしまうことへの恐れについて話すのは簡単なことではありません。これは人間の問題であり、成果の問題ではありませんが、アウトプットに影響を及ぼします。職場で他者とつながることで、人はより生産的になります。さらに、怠け者の思い込みではなく、好奇心の赴くままに仕事をすることで、問題の本質を見失わずに済みます。

自分自身のこれらの問題に対処するためには、いわゆる怠け癖を尋問して集めた情報を評価する必要があります。完璧主義的な傾向であれ、自己効力感の低さであれ、何が自分を妨げているのかを特定することが、行動を起こすための第一歩となります。

怠惰のリスクは、それが停滞に変わることです。根本的な原因を解決するような選択をしなければならないのです。そうすれば、生産性が上がるだけでなく、より幸せになれるかもしれません。もっと幸せになれるかもしれません。なぜなら、あなたは幸せになるべき人間であるだけでなく、仕事において幸せな人はより成功しているからです。感情は思考に影響を与えるので、仕事でより充実していれば、思考や行動もそれに追随するようになります。

では、どうすればいいのでしょうか。

進歩の原則を生かす 進歩の原則とは、"勤務中の感情、モチベーション、認識を高めることができるあらゆるものの中で、唯一最も重要なのは、有意義な仕事を進歩させることである “というものです。進捗を感じ、小さな成功を喜ぶことで、「この仕事は難しすぎる」「このプロジェクトは大きすぎて取り組めない」という頭の中の声と戦うことができるのです。

昼寝でリセットボタンを押す。研究によると、30分の仮眠でパフォーマンスの低下を食い止めることができます。60分の仮眠は、逆にパフォーマンスの低下を食い止めることができます。もし、あなたが怠けたいと感じているのなら、それは休息への合図かもしれません。覚えておいてください。忙しさと生産性は同じではありません。忙しいと感じることと生産性は別物です。

焦点を移す

仕事に意義を見いだせないことは、モチベーションを低下させる主な要因です。大きな変化を望んでいない、あるいはそのような立場にないのであれば、自分の仕事が何を生み出すかだけでなく、どのような人々に影響を与えるかに注目しましょう。そうすることで、自分が達成すべきタスクから、社内外の人々にどう貢献できるかに焦点を移すことができるのです。

実際にやることを減らす。特に創業者の場合、少ない仕事をするのは恐ろしいと感じるかもしれません。私もそうでしたが、後回しにしていた仕事が、実はそもそもやるべきでない仕事だったことに気づくまでは。しかし、今では、私よりもその分野の知識が豊富な人が熱心に仕事をするようになり、私は自分がワクワクするような仕事をする時間を持つことができるようになりました。

あわせて読む

広告