Twitter買収提案の数日後、イーロン・マスクは謎めいた言葉をツイート

2022年4月20日 (水) 20:13

Twitter買収連日のによる騒動?ですが、新たに資金を調達し、買収へと動くようです。

社(TWTR.N)を430億ドルで買収すると申し出た後の4月19日に、億万長者で起業家のイーロン・マスク氏は、足りない単語のダッシュを連打し、「is the night(夜だ)」と続けた。

敵対的買収の可能性を示唆したマスク氏の申し出により、Twitterは自己防衛のために「」を採用することになった。

電気自動車メーカー、のCEOでもあるMusk氏は月曜日、Twitterが株主による15%以上の株式取得の試みを防ぐために株式を割引販売する計画(ポイズン・ピル)を選択した後、ElvisPresleyの曲である「Love Me Tender」をした。

マスク氏は現在、9.1%の株式を保有しています。

ニューヨーク・ポスト紙は19日、この問題に詳しい2人の関係者の話として、マスク氏が100億ドルから150億ドルの自己資金を投じて、ツイッターを非公開化する意向を持っていると報じました。同報道では、ツイッターの第2位の株主である億万長者は、10日ほどで株式公開買い付けを開始する予定で、さらに100億ドルの負債を調達するためにモルガンスタンレーに依頼したと伝えています。

また、ニューヨーク・ポスト紙の報道によると、マスク氏は必要に応じて現在の株式を担保に借り入れをする可能性もるようです。

その場合、さらに数十億ドルを調達できる可能性があるという。Twitter社はコメントを控え、テスラもロイターがマスク氏にコメントを求めたところ、すぐに返答がなかった。Twitterの買収に関心を示すプライベート・エクイティ企業が増えていると、この問題に詳しい関係者が1日、ロイターに明かしました。

テクノロジーに特化した民間投資会社であるThoma Bravoが先週、ソーシャルメディアプラットフォームに接触し、Musk氏のオファーに挑戦する買収を検討したことから、この関心が浮上したのです。

広告